神奈川 県立 高校 入試 2021 倍率。 神奈川県公立高校入試 志願変更後 確定志願倍率 2021 年度

数年前から高倍率が続き、入学難易度が高い水準にあります。 県の学力向上進学重点校に指定されている横浜翠嵐・湘南や学力向上進学重点校エントリー校である横浜緑ケ丘・多摩・大和は毎年ランキングの常連校です。 滋賀県• 募集人数が100名以上の学校でランキングしています。 川和・相模原・緑ケ丘・鎌倉は面接の影響力も高まる *例年学力検査の数日後にSTEPが塾内平均点を発表します。 2021は舞台芸術科の設置により定員減となるため、倍率上昇は必至ですね。 2018年が5,277人ですので、「進学重点エントリー校に人が戻ってきた」と言えると思います。 そうは言っても、苦渋の決断だったと思います。 合格の難易度もそう変わりません。 コンセプトぶれが気になるところです。
志願変更を迷っている方、一刻も早く決めましょう。 近隣では藤沢西が要注意 3:5:2校• (令和2年10月27日掲載)• 残り二週間。 あれ? あまり影響ないみたいですね。 ただし,高校別に見ると志望者が増えた高校もあれば,減った高校もあり,来春入試の人気度を知ることができます。 明らかな特徴があり、 茅ケ崎を除く全ての学校が出願時倍率が1. 倍率が影響を及ぼしていると言えそうなのは 柏陽でしょうか。
78

3倍前後の倍率が今後も続くようであれば、安定した学力層での教育活動が可能になり、進学実績の躍進も期待できます。

加熱気味だった 鎌倉高校の倍率は少し落ち着きました。

法政第二、法政国際の人気は今年も高かったと思われますが、逆に人気が高まりすぎて内申基準が上がり、書類選考基準をクリアできなかった可能性があります。

また、特色検査を忌避している受験生のレベルに、最もマッチしているのが 市立金沢。

昨年度から全校で特色検査が実施されていることもあり、受験生に「特色検査避け」の傾向はあまりみられないように思います。

小田原も上がらない。

神奈川総合 例年最高クラスの倍率を叩き出す 神奈川総合ですが、今年もその傾向に変わりはありません。

71