福島 フィフティ。 『Fukushima 50』はどのように作られた?細部まで忠実に再現された、事故当時の“真実”【前編】|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS

佐藤浩市さんが、「この映画は、絶対に忘れてはいけないこと」と述べていました。

人によってこの事故の受け取り方は様々です。

前述のように、あそこで被害の拡大を止められなかったら、原子炉の暴走によって「チェルノブイリ事故の10倍」規模の被害になったこと、そして、それを阻止するべく原子炉冷却のための海水注入活動を行い、汚染された原子炉建屋へ突入を繰り返した部下たちの姿を詳細に語ったのである。

アメリカ大使館は本国へ逐一報告していました。

映画 (2016年) 外部リンク [ ]• まだ3号機が爆発する前の3月13日午後2時すぎと同程度だった。

2号機を放棄すれば、1号機、3号機、4号機から6号機。

吉田は午前6時42分に 命令を下 指示した。

87 5

これが作られ、多くの人のさまざまな反応を呼び起こしたこと自体にあるのだと思う。

実際に爆発してから1時間が経過しており、その間、東電からは何の報告もなく、首相は、一般の国民と同時刻に、テレビで知ったのである。

当時は民主党政権下であったことを考えると、その首相を悪者として描くことは、結果的に民主党(現在は分裂しているが)への批判となる(裏返せばその後現在まで続く現政権を擁護することになる)ということだろうか。

重箱の隅をつつくような話もなくはないが、少なくとも『Fukushima 50』のような作品の場合、こうした努力は無駄ではないだろう。

このあたりに、近年の日本映画の傾向である「当たり障りのなさ」も感じられるのだが、椿プロデューサーが『Fukushima 50』のテーマについて「死と直面する恐怖を、少しでも自分と置き換えて考えてほしい」と語るように、今回は事故現場の苦闘にフォーカスされたと考え、原発の是非を問いかける別の映画が再び現れることを願う。

西川正輝 演 - 福島第一原発 第1班補機操作員。

津波による浸水で全電源を喪失して(SBO)となり、冷却不能の状況に陥った原子炉は、このままでは (炉心溶融)により想像を絶する被害がもたらされることは明らかだった。

吉田さんは、それでも生来の明るさとざっくばらんな表情で、さまざまなことを私に語ってくれた。

15