不正 の トライアングル 理論。 会社員が不正を起こす3つの要素と不正をしてしまう社員の9つの特徴とは(ファイナンシャルフィールド)

例えば、機会を防ぐために、承認機能を階層化するなどの社内業務フローを改善したり、動機を防ぐために過度なノルマやプレッシャーを軽減したり。

つまりは、不正が起きるのは、経営者を含めて、周囲の人に対して思いやるような相互関係を築けていないからとも考えられます。 だからこそ、不正のできない環境づくり、不正ができる機会をなくすことを何より先に考えるべきだと思います。 woocommerce-result-count, Footer ul. ・内部統制が機能しておらず、例えば経費申請などが十分に精査されないまま承認されている。 負け続けると身ぐるみをはがされるという「動機」や「プレッシャー」の中で、相手の見ていない「機会」を伺いながら、「どうせみんなイカサマをしているだろう」「俺だってイカサマしてやる」という「姿勢、正当化」が横行しているのです。 ・個人的な失敗に起因するもの(ギャンブルによる借金) ・地位獲得への要望 ・業況の悪化 ・果たすべき義務違反 「機会の認識」とは、「自分が不正行為を起こせる立場にある」と認識をしたうえで、それを実行できる能力があるということです。 そしてそれを実行してしまうのは 機会が整っているからです。 こうした状況を招かないためにも、就業規則に罰則規定を設けたり、不正を行なわない旨の誓約書を交わしたりします。 これへの対策として、勤務体制の適正化と見直し、給料や人事の公正なチェック、人材養成プログラムを含む内部統制の強化、内部告発制度の導入、ダブルチェック体制の導入、防犯カメラの導入等が有効であろう。
11 56

不正を行うことが可能な環境下にあっても、不正を働かない固い意志が持てない状況です。

例えば「会社が俺の給料を上げないから」とか「仕事が終わらないから」など、不正を正当化するための言い訳がこれにあたります。

「お金を払いたくないから」「欲しかったから」「食べたかったから」どんな理由だって動機になります。

その後、ボーナスを使い込んでしまったことを家族にばれたくないという動機になり、さらにFXの損失穴埋めやさらなる投資のための証拠金を必要としていった。

内部不正のチェックシートなどもあり、どんな組織であっても不正防止に取り組むことができます。

99