ブルータス お前 も か。 ブルータス、お前もか

古典ラテン語で読むと「 ユリウス・カエサル」 英語読みでは「 ジュリアス・シーザー」 になるんですね! なのでどっちが正しいとか間違いとかではなく、同じ名前で二つの読み方がある、ということなんです! ユリウス・カエサルの名言 ローマ1ビッグな男、ユリウス・カエサル それが本来の気質だったのか、政治家としての読みであったのか、わからない
この論に立つ場合、「息子よ、お前も私と同じ末路を辿るだろう」(ブルトゥスが元老院で失脚することへの予測)であったと主張される
罪人として処刑される可能性が高い 時代は古代ローマ
ブルトゥスは残った4個軍団と丘の上に立て篭もって抵抗を続けたが、やがてアントニウス軍に包囲されると捕虜になる事を潔しとせず、陣営地で自害した 後にエジプト遠征で、クレオパトラと巡り会い、ポンペイウス、クラッスス、シーザーの3人で第一回三頭政治を行います
アレキサンダーもまた参謀から夜襲を勧められたとき「私は勝利を盗まない」と恰好よく拒否し、臨終の床で後継者を尋ねられ「もっとも強い者へ」と呟いて息を引き取っている もしこれが「も」ではなく「が」だったら 意味が変わってきます
59 20
というのも、シーザーが暗殺されたのは古代ローマ時代の紀元前44年です。 [ad co-1] イタリアの教科書では「歴史上最高の英雄」という扱い (シーザーの彫像は今もいたるところに残っている) シーザーは、今のイタリアにあるローマという地域で生まれました。 そもそも、この「ブルータスお前もか」というセリフは、シーザーが暗殺された時点から見てはるかに後年に活躍した、シェイクスピアの創作という説もあります。 ポンペイウスとの戦いに勝ち、ローマに凱旋したジュリアス・シーザーをローマ市民は歓喜して迎えますが、キャシアスを始めとする陰謀者たちはシーザーを暴君にさせたくないという理由から彼の命を狙います。 ローマではアントニウス、とカエサルのが手を結んでが結成され、次第に状況は悪化していった。 シェークスピアはフィリッピの戦いの後、アントニウスの台詞という形でブルトゥスを「彼こそは真の男であった」と賞賛している。 カエサル(シーザー)だけが、このすべてを持っていたのだ。 アントニーが勝ったのは、感情的な演説をし、群衆を扇動することに成功したからです。