辛いのを食べると下痢。 辛いものを食べると下痢になるのはなぜ?食べる前に対策はできる?|今日のライフハック

善玉菌を増やして腸内環境を整える工夫をしましょう。

肛門は決して丈夫ではなく、切れたり脱出したりで、それ自体は辛いですが・・・ もちろん、腹痛も経験ありません。

正直照明の関係であまり辛くなさそうに見えますが。

食後に腹痛や下痢になるのは 食材が傷んだり腐ったりしていないのに食事をした後に腹痛や下痢になる原因として一番可能性が高いのは、食べたものがうまく消化されていないこと、つまり 消化不良になっているのだと思われます。

どれくらいが程よい量なのかは人によって違いますが、参考まで私の場合は ラーメン中本の北極ラーメンを昼に食べ、おやつで激辛マニアというお菓子を食べ、夜は激辛グリーンカレーを食べた次の日は 一日中トイレと冷水シャワーの繰り返しで学校を休んだことがあります。

やっぱり食欲が増進して、 つい食べ過ぎちゃうから下痢にもなりやすいのかも。

私も一時期、転職後に環境の変化やストレスで軟便や下痢をよく起こしていましたが、善玉菌(乳酸菌)を摂ることで腸内環境を整えて、短期間で下痢やベトベトウンチを改善することが出来ました。

辛さのレベルとしては、普通に市販されている激辛食品(マニアックな物は除外させてもらいます)で辛すぎて食べられない なんてことは一度もありませんし、コリアンタウンで売られている、例えばトッポギやスンドゥブの素も、時には韓国産唐辛子を少し加えて食べるくらいです。

以上! 辛い食べ物は程よい量ならダイエットにも健康にも効果的ですが、過剰摂取は身体を危険に晒します。

76 15