携行 缶 ガソリン。 ガソリンを携行缶で購入する際の「本人確認等」について|埼玉西部消防組合

ちなみに、 私が問い合わせた2店舗は、 10時〜19時と、10時〜22時とのことでした。

店主が開栓前にエア調整ネジを緩めず、蓋を開けたためガソリンが吹き出した。

携行缶• 携行缶にガソリンを入れてもらいたい場合は、フルサービスのスタンドに行き、必ず店員に入れてもらいましょう。

必ず従業員の方を呼んでください。

しかし、取り扱う危険物の量が少量であれば、一般の方々も取り扱うことが出来るので、危険物の危険性を理解せず取り扱いを行ったときに事故が発生しています。

ガソリン携行缶の使用上の注意3:運搬量に上限がある ガソリン携行缶の使用上の注意として、運搬量に上限があることがあります。

注意点 [ ] アメリカ製の樹脂製ガソリンタンク(日本ではプラスチック製ガソリン容器は10Lまでとなっている) 日本では、危険物の規制に関する規則(総理府令第55号)第28条の2の4の規定において、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所()を「顧客に自ら自動車若しくは原動機付自転車に給油させ、又は灯油若しくは軽油を容器に詰め替えさせることができる給油取扱所とする」と定義しており、 顧客自らガソリンを容器に給油・詰め替えを行うことは出来ない。

他にも農機具や発電機など、携行缶でガソリンが購入できないと使えない道具は意外にある。

「現場の努力に任せるだけではなく、消費者の利便性を担保しながら、国が主体となる規制の在り方も考える時ではないか」(宮野史康). また、ガソリンは揮発性が高く、キャップ部分が劣化していると、内圧に耐えられなくなり、ガソリンの蒸気が漏れる危険性があります。

危険物を持っている人も例外ではありません。

特に農作業はガソリンスタンドから離れた現場が多いので、いちいち給油しに行くよりも、少し大きなガソリン携行缶が使用勝手が良いといわれています。

72
スポンサーリンク 店員が携行缶に給油する事はできる? お客さんに携行缶に入れてくれと頼まれた場合、 店員は携行缶に給油しても問題はありません。 ガソリンを取扱うので、危険物乙4を持っている人もいるかもしれません。 セルフスタンドでは、性能試験に適合した金属製の容器であっても利用者が自らガソリンを容器に入れることはできません。 また、ガソリン携行缶への給油はセルフスタンドで行うことが出来ないので、 従業員が給油してくれるフルサービスのスタンドで給油するようにしてください。 脚注 [ ] []• 3:注ぎ口をゆっくりと開けて漏れがないように確認しながらノズルを取りつける 漏れがないようにノズルを真っすぐに取り付ける エア調整ネジから圧力を逃がしたのを確認したら、注ぎ口をゆっくりと開けてノズルを取り付けます。 注ぎ口にノズルを取りつけるとき、ゴミなどの異物が入らないよう注意が必要です。 圧力調整ネジにより内部の圧力を解放せずにタンクキャップを外すと、大量の可燃性蒸気と共にガソリンが飛び出してくる場合があります。 ノズルは斜めに取りつけず、しっかりと取りつけることで、ノズルの根本からガソリンがこぼれるのを防ぐことができます。 容器の注意事項とともに、携行缶にガソリンを入れる際の注意点も覚えておきましょう。 そこで、ガソリン携行缶の正しい使い方や注意点、セルフスタンドで補給することはできるのか、デザインがおしゃれな物があるので灯油缶として使えるのか、どんな時にフューエル缶を使うのがベストなのか、などなど ガソリン携行缶について紹介します。
97