アウトランダー モデル チェンジ。 【新型アウトランダーPHEV】2021年10月フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、航続距離/充電時間、燃費、価格は?

さて、新型アウトランダーは、先にリリースされたコンパクトハッチ「ミラージュ」同様、三菱のグローバル戦略車。
フルモデルチェンジする新型アウトランダーでは、新世代のデザインや最新のパワートレインを採用するほか、三菱初となる12. キャビン周りには三菱自動車初のホットスタンプ式超高張力鋼板を採用し、変形の少ない高耐力キャビン構造としながら軽量化 手堅くまとめられた新型は、再び成功を手にすることができるだろうか? (文=青木禎之/写真=荒川正幸) 4kgmを発生する
ハンドル角、ヨーレイト、駆動トルク、ブレーキ圧、車輪速などをセンサーで検知し、ドライバーの操作と車両の状態を常に正確に把握 「ECO」…省燃費性を重視した運転スタイルで使用 「NOMAL」…通常走行時に使用 「TARMAC」…舗装路でスポーティに走れる 「GRAVEL」…未舗装路で高いトラクション性能と安定性を発揮 「SNOW」…雪道などの滑りやすい路面で使用 「MUD」(4WD車のみ)…ぬかるんだ道や深雪などで走破性を高める モードセレクターによるモード選択時にメーター内に走行シーンがイメージできる画像を表示
これはバッテリーシステムを含めたPHEVシステムがコンパクト化されることが大きい この新型を見ていると次期PHEVモデルへの期待がますます高まってくる
もし電子制御系含めてほぼ同じ仕組みが流用されるとしたら、次期アウトランダーPHEVは「3モーター」に進化するのかも知れない(先代アウトランダーPHEVは2モーター式) 従来型に比べて最高出力が約8. 三菱エクリプスクロスやのようにダイナミックシールドの最新バージョンに進化
新型アウトランダーの「車体サイズ」は? 続いては「車体サイズ」を解説 8kmから65kmと延長されていましたが、新型アウトランダーPHEVでは70km以上を確保することで、より日常での使いやすさを向上します
エクリプスクロスPHEV(プラグインハイブリッド)のローンチは2020年度 2列目シートは4:2:4分割可倒式でスキー板などの長尺ものを積み込んでも大人2人がゆったりと座れる
その他、新型アウトランダーPHEVでは、様々な運転スタイルと走行シーンに最適化された車両運動特性を選べるドライブモードを採用 この新しい機能を搭載した2. フロントセンターエアバッグは、側面衝突時に運転席と助手席の間で展開し、乗員同士の衝突を防止するものだ
新型アウトランダーPHEVのデザインはキープコンセプト? 新型アウトランダーPHEVの外観は大胆に進化します 先に触れた三菱自動車工業 株 の決算会見と同時期に日産自動車 株 も2020年度決算会見を開いたが、このプレゼンテーションのスライドで2021年度までの新車投入計画に新型エクストレイルの日本発売は明記されておらず、情報筋に取材したところ、昨今の自動車半導体部品供給の問題を中心に大きく発売が遅れており、中国市場に続き、ヨーロッパ市場で2021年度内に新型エクストレイルを発売
このコンセプトカーには「前に1モーター」「後ろに2モーター」の合計3モーターを採用した4WDシステムが採用してる 全車エコカー減税(50%減税)対象だ
三菱初となる12. 車体は、新開発プラットフォームの採用により衝突安全性を大幅に高め、高次元の操縦安定性を実現 全長4. ただし、既に兄弟車の日産ローグに搭載されてるものと同じ
7

対して現行型のアウトランダーPHEVは2列シートのみの設定だったが、新型のPHEV車にはガソリン車と同じ3列シート仕様が設定されるのだ。

新型アウトランダーのパワートレインは、フルモデルチェンジ後も「2. もし電子制御系含めてほぼ同じ仕組みが流用されるとしたら、次期アウトランダーPHEVは「3モーター」に進化するのかも知れない(先代アウトランダーPHEVは2モーター式)。

8インチヘッドアップディスプレイを搭載• 新型アウトランダーPHEVは「よりBEV」に近づくか? 続いては「電動化」の最新情報。

アウトプットは先代とほとんど変わらず、2. 丸みを帯びたパンパーの角、なだらかに落ちるルーフライン、左右に絞られたキャビン後半部。

三菱自動車はクロスオーバーSUV「アウトランダー」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年11月に発売する。

さらに、シートヒーターや3ゾーンAutoエアコン、リアドアガラスサンシェードなどファミリーSUVとして後席でも快適に過ごせる機能がグレード別装備として設定されています。

10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。

41