日蓮 正宗 日 顕。 日蓮 正宗 日 顕

正信会は元住職の死亡により、活動の拠点が失われるために、新たな寺院を建立していますが、正信会で建立した各拠点は、日蓮正宗とは全く無縁のものであります。

なお、創価学会が日蓮正宗から破門された理由の公式見解は以下の通りです。

が届きました。

顕益 けんやく と冥益 みょうやく 仏法の利益に顕益と冥益があります。

このように、一般の学会員さんが知らないところで様々な問題が発生し、結果として創価学会は日蓮正宗から破門されてしまいました。

その模様を伝えた翌々日の 毎日新聞(明治34年3月3日号第三面)記事は次の通りである。

大石寺開創七百年そして同寺創立七周年にあたる平成2 1990 年7月に、客殿並びに庫裡の増築、及び寺域の整備を完了し落慶法要が執り行われました。

56

しかし、日顕法主が前・日達法主から正式に相承を受けた証拠を提示することなく、退座しました。

当初、日顕は反学会のジャーナリストらに「学会員のうち20万人が山につけばよい」と発言していたが、全世界1600万人の「法主退座要求書」の署名簿が日顕の元に届いた。

故に「久遠元初自受用報身」とは、御本仏大聖人のことであり、その「御当体」は本門の大御本尊であります。

ポイント• そして、同年十月に地鎮祭を豪雨の中、ただお一人で奉修されました。

これは薬王のひぢをやき、雪山の身を鬼にたびて候にもあいをとらぬ功徳にて候へば、聖人の御ためには事供やう、凡夫のためには理くやう、止観の第七の観心の檀はら蜜と申す法門なり。

と同時に、より深く日蓮大聖人の仏法を会得し、その教えを伝持しつつ、人々に教えを弘め、人類の幸福のために少しでもお役にたちたいと願うようになったのです。

86