ご 厚意 に 甘え させ て いただき ます。 「お言葉に甘えて」の使い方 類語と例文

関連記事: 「お願い」「依頼」メールに使える、覚えておきたい表現 お願いする場合の丁寧な言い回し "Would you"、"Could you"のほかにも便利な言い回しがありますのでご紹介します メールでのご連絡となり恐縮ですが、〇〇様のご厚意に心よりお礼申し上げます
おかげさまで、たいへん有意義な時間になりました お言葉に甘え、めでたい宴の末席につらねさせていただきます
「思いやる心」を表す「ご厚意」と似た意味をもつ「ご好意」ですが、2つには違いがあります 「ご厚意」の使い方と例文 「ご厚意」という言葉は、 大きくわけて【感謝を表すとき】と【お断りする】シーンで使います
目下や同等な立場の人へは「遠慮なく」や「ありがとう」を使う方が無難でしょう 「この度はせっかくのご厚意を無下にしてしまい、申し訳ございません」「せっかくのご厚意を無下にしてしまい、お詫びの言葉もございません」など、失礼を深謝する表現として使用します
例えば上司からいただいた現金で親睦会を開催したり、寄付を募って新しい施設を建てたときなど、「〇〇さまより〇〇円ちょうだいしたおかげで」という表現は、日本的な感覚では、少し品位を欠きますよね 「お言葉に甘えて休ませていただきます」を使った例文 上司から休んでいいと声を掛けてもらったときに「お言葉に甘えて休ませていただきます」と使えます
具体的なエピソードをさりげなく添えると、より相手に伝わるでしょう 例2は「え?いいんですか!それじゃあ~」という風に、自然の会話の流れで使う英文です
(4)ご厚意に報いる 「報いる」には、受けた物事に対し、それに見合っただけの事をして返すという意味があります また、このような文章により結びの挨拶文に使用することも可能です
長年のお取引の関係に甘えて、思わず延引いたしてしまいました 手厚いおもてなしに深く感謝しております
例えば、引越し作業などで、運転手の方へ感謝の気持ちで小額お金を渡すというような場合に使用することができる言葉です 「ご厚志」には、「深い思いやりの気持ち」「情の厚い心」「親切な気持ち」という意味
簡単な文例としては、上司の自宅を訪問した際に、「まあまあ、上がって行きなさい」と言われたときに、「それでは、お言葉に甘えて、上がらせていただきます」という形で使えます 「お言葉に甘えて」などと同じ意味になります

また、下記で解説しますが、「ご厚意」と「ご好意」を誤って使わないよう注意してください。

例えば、本来あなたがやるべき作業について、「その作業も、うちの方で担当しましょうか」と取引先の人が、気遣って申し出てくれた場合、安易に「それじゃ、お言葉に甘えて」と返してしまうと、責任感のない図々しい人という印象を持たれてしまうこともあります。

まとめ ビジネスシーンでも非常に使用頻度の高い「お言葉に甘えて」は、目上の人の申し出に対して使用する言葉です。

さらに丁寧な「お言葉に甘えさせていただきます」 「お言葉に甘えさせていただきます」はさらに丁寧な言い回しになります。

また、「お言葉に甘えて」をさらに丁寧に表現したい場合は、「お言葉に甘えさていただきます」とするのがいいでしょう。

などの例文が挙げられます。

相手との会話が盛り上がった時など、いわゆる「ノリ」的な勢いで使える崩した形での英文表現になります。

23