森林 面積 都 道府県。 【最新】日本の都道府県別 面積ランキング一覧(令和2年版)

都道府県誕生の歴史は明治時代にさかのぼる。

ほかにの例では「都市の通称=城の名称」が用いられている。

(昭和22年)の地方自治法施行とともに、北海道庁官制も廃止され、地方行政官庁であった北海道庁も、普通地方公共団体の一つである「北海道」となった この法律は、に定める「一の地方公共団体のみに適用される特別法」(地方自治特別法)であると解されるので、関係都道府県において住民投票を行い、それぞれ過半数の賛成を得なければ効力を生じない(詳細な規定は・)
従来地方公共団体の区域に属しなかった地域を市町村の区域に編入したとき 市町村の境界変更と同じく、市町村の区域に変更があったことに伴う変更であるからである この二つの呼称が登場したのは、明治初期
制度 [ ] 議決機関 [ ]• いずれも森林率30%台 (明治21年)以降都道府県名の地名部分に変更が無く、都道府県名が定着した現在においては、都道府県名の地名部分のみで都道府県の領域全体を指す(例えば「青森」で青森という都市ではなく青森県全体を指す)用法が一般に用いられるが、本来は領域の一部分のみを示す地名である
一方で、(明治11年)に制定された地方三新法の1つである(北海道には適用されなかった)によって府県会が置かれることになり、の主体としての性格も併せ持った 都道府県とは、日本におけるの一つである
所属都道府県の変更 [ ] 一の市町村又は一の郡の全体が他の都道府県に編入されるときも、都道府県の境界変更であり、法律によることとなる(昭和25年9月9日付け) 都市合併などにより「市」としては現存しない場合(・・)
北海道に次いで面積の広い岩手県 庁舎所在地の「都市名」と一致しない「郡名」である場合(表で「所在郡」欄が青系に着色されている県、ただし都市名を後から改称した2県を除く)
現行都道府県名の地名部分が都道府県の領域全体を示しているのはとのみである この中で都道府県は、以前の「中央政府の下部機関」という立場ではなく、と同様の「」に位置づけられ、議会議員のみならずもによって選ばれることになった
面積調では、 第1章 面積調の概要 第2章 都道府県別面積 第3章 市区町村別面積 付属資料 1㎢以上の湖沼・島の面積及び、湖沼・島の20傑等 を計測・公表しております この改正法の附則の規定により従来北海道地方費と呼んできた自治体を「道」と呼ぶものとされた
93
なお、この改称がにおける「順逆」を表示するという明確な政治的意思に基づいて行われたとする説()があるが、この説には、などの問題点がある。 この時点で、1都(東京都)1道(北海道)2府(京都府・大阪府)42県。 後に、当初の県庁所在予定地であった岩槻市を編入している。 廃置分合の原則的な手続き [ ] 法律による(第6条第1項)。 政府は(・・)や、などを管轄する重要地域をとし、それ以外をとして、府に「知府事」が、県に「知県事」が置かれた。
87