マヤ 文明 3 月 20 日。 人類滅亡はマヤ文明の予言2020年3月20日どうなる地球

ところが、その後再び「マヤ暦の予言」は噂になる。

マヤ文明には他文明のようなが存在しなかったものの、小規模な河川が流れる地域においてはその水を利用した農耕がおこなわれた なので、仮に予言通り3月20日に爆発が観測されたとしたら、 「人類(というか地球上の生命)滅亡」も科学的にあり得る話なんです
スーリヤ寺院の伝承によれば、2020年に現れる破壊神カルキ(太陽)によって滅亡すると言われています なかには当てはまらなかった予言もあったと思います
その中でも最も注目されているのが、作家・セミナー講師の並木良和氏が提唱している「2020年3月20日春分の日にゲートが閉じる」という話と言われています 下記のような先古典期中期から古典期後期までの時期区分名が用いられる
しかし、オカルト界隈ではどこ吹く風 なんと2012年に世界が終わり、人類が滅亡する日は、正確に計算すると2020年3月20日が該当する、という説が出てきたのである
ところが、調べてみても「インド暦」というものが出て来ない この「第五の太陽の時代」は、 「地球の浄化」を意味しています
人類滅亡2020年3月20日のみんなの反応は? それは困る そもそもマヤの暦は順還暦であり、日本の干支のように、最後まで進んだら再び新しく1から始まる暦だったので、暦が最後まで進んでも恐れる必要はなかったのである
「青い星が天界にその姿を現したとき、「浄化の日」は始まり、大いなる破壊の時が始まる」と言うことです ベデルギウスは過去15年で15%小さくなったという報告もあり、 専門家によると 超新星爆発は数万年後かもしれないが、 「 明日でもおかしくない状態」 といっています
48
そして太古の昔に、この言い伝えとともに、グレート・スピリット(大いなる存在)から受っとったのが「ホピの予言」で代々口頭で受け継がれてきました いつか人類滅亡の危機を脱したあとの時代がやってくるのではと、ノストラダムスの大予言後に生き残った自分が、悪い奴らに負けないようにと、北斗の拳のケンシロウやジャッキー・チェンのように戦える男になると筋トレしていた小学生の記憶が蘇ってきました^^;. しかし、 実際2012年に世界が終わりは 迎えませんでしたね
(エカブ)• 次は、 2020年3月21日です (余計なことを(怒)) この結論(2019年12月21日)に疑問を持ったフランスの科学者などが再調査をしたところ、 マヤ暦の終わりの日の換算の仕方が間違っていて、 2020年3月20日が本当の滅亡の日だという結果が導き出されたのです
「心臓」とは、ホピ族が住んでいた土地に埋まっていた「ウラン」のことです このインド暦を計算して現在の年代と照らし合わせると、これまた2020年3月20日が周期の終わりとなるのだ
」 というものがあります また、 マヤ人の 末裔 まつえいは、現在もグァテマラを中心に中米で生きています
や、などの使用は9世紀ごろから存在する が、もとしての利用に限られており、基本的には時代であったといえる 現在このマヤ文字は、約8割が解読されています
まして、 原爆のことまで予言されていたことにはびっくりしました 先週、とある予言が日本を騒がせた
しかも恐ろしいのが、 この終わりの日が、マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存されたインド暦の終わりとも一致する ということで、今回の予言こそ何か起きるのではといわれています この時は、マヤ暦の 閏年 うるうどしを計算し忘れていて何もありませんでした
2020年3月20日人類滅亡と100日後に死ぬワニのラスト そして、偶然なのか必然なのか、 と重なってるんですね・・・ 「母なる大地から心臓を取り出してはいけない
47 33