大正 時代 髪型。 明治・大正の子ども達

ここでは、具体的に大正時代に流行したヘアスタイルで 取り入れれば一気に「大正ロマン風」に演出できる髪型をご紹介します。 また、それと同時に第1次世界大戦後の恐慌や、関東大震災による経済的な影響などもあり、新時代の夢と同時にこれから先への不安などを併せ持つようになります。 まだまだ画像がありますので整理が出来次第ページに掲載し、およそ100年程前の子ども達の表情を紹介していきます。 そして、大正時代になると西洋の文化を取り入れるようになったので、丸眼鏡に関しても同様に取り入れだしたといえます。 今ではあたりまえのように、自由な髪の長さやスタイルを楽しんでいますが、大正時代はまだまだヘアスタイルについては現代に近づきはじめたばかりだったようです。 この間、料理の技術が発展したり、自然に対する信仰が生まれたりと、文化的な発展が見られるかたわら、ファッション面においても貝や石の装飾物や衣服の繊細な刺しゅう技術などの発展がありました。 先ほどお伝えしたように大正ロマンとは西洋の文化などが取り入れられたことも一つの要因であるとお伝えしました。 「」と言われています。 西洋上げ巻、西洋下げ巻、イギリス巻き、イタリア結び、マーガレット、花月巻き、夜会巻き、S巻き、二百三高地、耳隠しなど種々のものが生まれた。 現代においては太めのヘアアイロンでしっかりと巻いた後に、コームなどを使って一定の感覚でウェーブを出していくスタイルです。
98

その理由は様々なきっかけが存在していますが、一つの大きな理由としては朝ドラの影響などがあると言えます。

当時はまだ15歳~と若くして嫁いだり、働きに出るのが当たり前の時代でした。

元々眼鏡が使用された歴史を考えてみると、13世紀のイタリアでメガネという道具が生まれたとされています。

その例が、明治~大正時代に活躍した小説家・小杉天外が新聞小説『魔風恋風』の中で、才色兼備のヒロインの「はいからさん」のファッションを伝えていて、社会的にも注目を集める存在だった事が窺われます。

今では様々な色が取り入れられている着物も、昔は一般的ではなかったということが分かるはずです。

例えば、私たちの周りに存在しているものなどに関しても、時代の流れとともに様々な変化があるはずです。

では、改めて大正ロマンを経験した人たちが今何歳なのかということについて触れていきます。

93