天体 観測 歌詞。 天体観測の歌詞の意味を誰か解釈してください。

なんで大人は砂遊びをしないのでしょうか。

主人公はラジオや望遠鏡を持って外にいるようです。

毎日ドッヂボールをしたり、ドロケーしたり、友達とかくれんぼしたり。

サビの歌詞を紐解いていく 見えないものを見ようとして望遠鏡を覗き込んだ。

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ベルトに結んだラジオ 雨は降らないらしい 二分後に君が来た 大袈裟な荷物しょって来た 始めようか 天体観測 ほうき星を探して 深い闇に飲まれないように 精一杯だった 君の震える手を 握ろうとした あの日は 見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ 静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ 明日が僕らを呼んだって 返事もろくにしなかった 「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけていた 気が付けばいつだって ひたすら何か探している 幸せの定義とか 哀しみの置き場とか 生まれたら死ぬまで ずっと探している さぁ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して 今まで見つけたモノは 全部覚えている 君の震える手を 握れなかった痛みも 知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ 暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている 「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている 背が伸びるにつれて 伝えたい事も増えてった 宛名の無い手紙も 崩れる程 重なった 僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ ただひとつ 今も思い出すよ 予報外れの雨に打たれて 泣きだしそうな 君の震える手を 握れなかった あの日を 見えてるモノを見落として 望遠鏡をまた担いで 静寂と暗闇の帰り道を 駆け抜けた そうして知った痛みが 未だに僕を支えている 「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている もう一度君に会おうとして 望遠鏡をまた担いで 前と同じ 午前二時 フミキリまで駆けてくよ 始めようか 天体観測 二分後に君が来なくとも 「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけている. ある日の午前2時。

明日でもない、昨日でもない、未来でもない、過去でもない、 精一杯、がむしゃらに 『今』を君と過ごしていた。

BUMP OF CHICKENさん『天体観測』の歌詞 テンタイカンソク words by フジワラモトオ music by フジワラモトオ Performed by バンプオブチキン. ちなみに、シングルCD・アルバム・ベストアルバムのそれぞれに、 隠しトラックが入っているので要チェックですよ! BUMP OF CHICKEN「天体観測」歌詞の意味を考察。

だから時が経つのも遅いのかもしれません。

このフレーズで思い浮かぶのはどんな光景でしょうか。

「今」という ほうき星、君と二人追いかけていた。

93
ずっと君と居たいよ ここで「イマ」について様々な解釈があると思うのですが、 私は『イマ=主人公が現実に生きる今、幼い頃の視点で見ると「未来」』だと思いました
先の見えない未来に向かって彼女と過ごしていたあの瞬間、 そんな日々こそが光り輝いていたなあ 藤原さんは「天体観測」の歌詞の中に自分の哲学を込めたと明かしています
君も主人公に好意を持っていたのではないでしょうか 。 というバンドをご存知でしょうか
その中には、君と天体観測に出掛けた際、震えていた手を握れなかったことも含まれています 些細な会話は2人だけのもの
午前二時 ごぜんにじ フミキリに 望遠鏡 ぼうえんきょうを 担 かついでった ベルトに 結 むすんだラジオ 雨 あめは 降 ふらないらしい 二分後 にふんごに 君 きみが 来 きた 大袈裟 おおげさな 荷物 にもつしょって 来 きた 始 はじめようか 天体観測 てんたいかんそく ほうき 星 ぼしを 探 さがして 深 ふかい 闇 やみに 飲 のまれないように 精一杯 せいいっぱいだった 君 きみの 震 ふるえる 手 てを 握 にぎろうとした あの 日 ひは 見 みえないモノを 見 みようとして 望遠鏡 ぼうえんきょうを 覗 のぞき 込 こんだ 静寂 せいじゃくを 切 きり 裂 さいて いくつも 声 こえが 生 うまれたよ 明日 あしたが 僕 ぼくらを 呼 よんだって 返事 へんじもろくにしなかった 「イマ」という ほうき 星 ぼし 君 きみと 二人追 ふたりおいかけていた 気 きが 付 つけばいつだって ひたすら 何 なにか 探 さがしている 幸 しあわせの 定義 ていぎとか 哀 かなしみの 置 おき 場 ばとか 生 うまれたら 死 しぬまで ずっと 探 さがしている さぁ 始 はじめようか 天体観測 てんたいかんそく ほうき 星 ぼしを 探 さがして 今 いままで 見 みつけたモノは 全部覚 ぜんぶおぼえている 君 きみの 震 ふるえる 手 てを 握 にぎれなかった 痛 いたみも 知 しらないモノを 知 しろうとして 望遠鏡 ぼうえんきょうを 覗 のぞき 込 こんだ 暗闇 くらやみを 照 てらす 様 ような 微 かすかな 光 ひかり 探 さがしたよ そうして 知 しった 痛 いたみを 未 いまだに 僕 ぼくは 覚 おぼえている 「イマ」という ほうき 星 ぼし 今 いまも 一人追 ひとりおいかけている 背 せが 伸 のびるにつれて 伝 つたえたい 事 ことも 増 ふえてった 宛名 あてなの 無 ない 手紙 てがみも 崩 くずれる 程 ほど 重 かさなった 僕 ぼくは 元気 げんきでいるよ 心配事 しんぱいごとも 少 すくないよ ただひとつ 今 いまも 思 おもい 出 だすよ 予報外 よほうはずれの 雨 あめに 打 うたれて 泣 なきだしそうな 君 きみの 震 ふるえる 手 てを 握 にぎれなかった あの 日 ひを 見 みえているモノを 見落 みおとして 望遠鏡 ぼうえんきょうをまた 担 かついで 静寂 せいじゃくと 暗闇 くらやみの 帰 かえり 道 みちを 駆 かけ 抜 ぬけた そうして 知 しった 痛 いたみが 未 いまだに 僕 ぼくを 支 ささえている 「イマ」という ほうき 星 ほし 今 いまも 二人追 ふたりおいかけている もう 一度君 いちどきみに 会 あおうとして 望遠鏡 ぼうえんきょうをまた 担 かついで 前 まえと 同 おなじ 午前二時 ごぜんにじ フミキリまで 駆 かけてくよ 始 はじめようか 天体観測 てんたいかんそく 二分後 にふんごに 君 きみが 来 こなくとも 「イマ」という ほうき 星 ぼし 君 きみと 二人追 ふたりおいかけている 午前二時 gozenniji フミキリ fumikiri に ni 望遠鏡 bouenkyou を wo 担 katsu いでった idetta ベルト beruto に ni 結 musu んだ nda ラジオ rajio 雨 ame は ha 降 fu らないらしい ranairashii 二分後 nifungo に ni 君 kimi が ga 来 ki た ta 大袈裟 oogesa な na 荷物 nimotsu しょって syotte 来 ki た ta 始 haji めようか meyouka 天体観測 tentaikansoku ほうき houki 星 boshi を wo 探 saga して shite 深 fuka い i 闇 yami に ni 飲 no まれないように marenaiyouni 精一杯 seiippai だった datta 君 kimi の no 震 furu える eru 手 te を wo 握 nigi ろうとした routoshita あの ano 日 hi は ha 見 mi えない enai モノ mono を wo 見 mi ようとして youtoshite 望遠鏡 bouenkyou を wo 覗 nozo き ki 込 ko んだ nda 静寂 seijaku を wo 切 ki り ri 裂 sa いて ite いくつも ikutsumo 声 koe が ga 生 u まれたよ maretayo 明日 ashita が ga 僕 boku らを rawo 呼 yo んだって ndatte 返事 henji もろくにしなかった morokunishinakatta 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 君 kimi と to 二人追 futario いかけていた ikaketeita 気 ki が ga 付 tsu けばいつだって kebaitsudatte ひたすら hitasura 何 nani か ka 探 saga している shiteiru 幸 shiawa せの seno 定義 teigi とか toka 哀 kana しみの shimino 置 o き ki 場 ba とか toka 生 u まれたら maretara 死 shi ぬまで numade ずっと zutto 探 saga している shiteiru さぁ saa 始 haji めようか meyouka 天体観測 tentaikansoku ほうき houki 星 boshi を wo 探 saga して shite 今 ima まで made 見 mi つけた tsuketa モノ mono は ha 全部覚 zenbuobo えている eteiru 君 kimi の no 震 furu える eru 手 te を wo 握 nigi れなかった renakatta 痛 ita みも mimo 知 shi らない ranai モノ mono を wo 知 shi ろうとして routoshite 望遠鏡 bouenkyou を wo 覗 nozo き ki 込 ko んだ nda 暗闇 kurayami を wo 照 te らす rasu 様 you な na 微 kasu かな kana 光 hikari 探 saga したよ shitayo そうして soushite 知 shi った tta 痛 ita みを miwo 未 ima だに dani 僕 boku は ha 覚 obo えている eteiru 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 今 ima も mo 一人追 hitorio いかけている ikaketeiru 背 se が ga 伸 no びるにつれて birunitsurete 伝 tsuta えたい etai 事 koto も mo 増 fu えてった etetta 宛名 atena の no 無 na い i 手紙 tegami も mo 崩 kuzu れる reru 程 hodo 重 kasa なった natta 僕 boku は ha 元気 genki でいるよ deiruyo 心配事 shinpaigoto も mo 少 suku ないよ naiyo ただひとつ tadahitotsu 今 ima も mo 思 omo い i 出 da すよ suyo 予報外 yohouhazu れの reno 雨 ame に ni 打 u たれて tarete 泣 na きだしそうな kidashisouna 君 kimi の no 震 furu える eru 手 te を wo 握 nigi れなかった renakatta あの ano 日 hi を wo 見 mi えている eteiru モノ mono を wo 見落 mio として toshite 望遠鏡 bouenkyou をまた womata 担 katsu いで ide 静寂 seijaku と to 暗闇 kurayami の no 帰 kae り ri 道 michi を wo 駆 ka け ke 抜 nu けた keta そうして soushite 知 shi った tta 痛 ita みが miga 未 ima だに dani 僕 boku を wo 支 sasa えている eteiru 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 hoshi 今 ima も mo 二人追 futario いかけている ikaketeiru もう mou 一度君 ichidokimi に ni 会 a おうとして outoshite 望遠鏡 bouenkyou をまた womata 担 katsu いで ide 前 mae と to 同 ona じ ji 午前二時 gozenniji フミキリ fumikiri まで made 駆 ka けてくよ ketekuyo 始 haji めようか meyouka 天体観測 tentaikansoku 二分後 nifungo に ni 君 kimi が ga 来 ko なくとも nakutomo 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 君 kimi と to 二人追 futario いかけている ikaketeiru. ごくたまに現れて地球上から観測することのできるあれです 天体観測という曲名の意味を考察 BUMP OF CHICKENのソングライター・藤原基央さんは、この歌を「雨の唄」だと語っています
もちろん悔しかった出来事も 「天体観測」! 出典:2001年4月1日 ライブMCより 「天体観測」には「予報外れの雨」「宛名のない手紙」といった幾つかの詩的なモチーフが登場しますが、 「イマ」という表現はひとつの重要なワードになります
歌詞の中にも「雨」という言葉が登場します 俺がどうだ、僕がどうだっていう歌を書きたくって
背負っている荷物=君が怯えているもの、と推測できますが、具体的には、親に黙って家を抜け出していること、夜の暗闇、などが考えられますね 僕はそんな悲しい出来事も、深く胸に刻んだのです