ハイキュー ノヤ っ さん。 西谷夕 (にしのやゆう)とは【ピクシブ百科事典】

春高予選決勝の勝利直後に気絶した谷地を片手で支えた強者 学業成績は優秀(進学クラス)
マイペースな性格で、嫌いな言葉の第2位は「がむしゃら」であり、第1位は「かわいそう」である 背番号は5
教頭 声 - 本名・年齢不詳 県内屈指のミドルブロッカー
花巻 貴大(はなまき たかひろ) 声 - 櫻井トオル 演 - 身長:184. どうやら 西谷は「イタリアでカジキを獲っている」ようです アルゼンチンのプロチームでプレーをしている理由は、自身が目標としている選手である、ホセ・ブランコについていく為である
春高予選敗退後、及川に「俺の自慢の相棒でものすごいセッターだ 繋心曰く「合格点を取っても、100点を目指さない」プレースタイルで、インターハイ県予選から春高一次予選を経てもそれは変わらなかったが、夏休みの合同合宿にて、後ろ向きな姿勢を山口からかっこ悪いと一喝されてしまう
速攻以外にもフェイントや高いジャンプから繰り出すオープン攻撃など攻撃の多彩さも持ち合わせ、相手守備を見極めた上でのコースの打ち分けも行う他、守備ではレシーブの読みも的確になりつつある アヤ 声 - (1期)、(3期) 男子バレー部OB 宇内 天満(うだい てんま) 年齢:21歳 烏野高校男子バレー部が数年前に行ったで、エーススパイカーとして活躍した「小さな巨人」
田中の姉の冴子の胸を見て愕然とするなど、胸の大きさにコンプレックスを抱いてる節がある それにしても西谷夕の原点がおじいちゃんの教えだったとは驚きですね
一方、の 武田一鉄は烏野全盛期の監督・ 烏養一繋の孫で烏野OBでもある 烏養繋心をに招聘 弟の龍之介と同様に面倒見が良い「姐御肌の女性」
「チームの力を100%引き出せるセッター」として牛島(白鳥沢主将)からも一目置かれ、練習を偵察した影山に「一生勝てないかも」と思わせた 県内と称されているが、「凡人」としての努力の結果であると自覚している
24
鴎台の隙のないブロックの前に第1セットを落とした烏野は、通常のローテーションから、ミドルブロッカーの日向と月島の位置を入れ替えた変則ローテで、鴎台のブロックに対して真っ向から日向をぶつける選択を取る いかつい見た目に反して、かなり温厚な人みたい! 責任感から戻れない気持ちかあ…なんかすごくエースっぽいなあ
チャラい性格であるが、バレー部と先輩に対する思いは真剣である アルゼンチンのプロチームでプレーをしている理由は、自身が目標としている選手である、ホセ・ブランコについていく為である
春高予選後の宮城一年選抜合宿では、「ブロックが見えている」という日向の能力を認め練習相手にしている 高校卒業は月島と同じく大学へ進学し、大学卒業後は家電メーカーに就職予定である
プレイ面だけではなく精神面でも しかし月島本人は、最後に牛島をシャットアウトする誘導作戦が通じなかったことや、たった一本しか牛島を止められなかったことで、その不甲斐なさを悔やんでいる
今の段階で西谷の進路として考えられるのは3通りあります 8kg 烏野高校男子バレー部前々主将
志戸 平介(しど へいすけ) 声 - 青葉城西高校3年生のWS 頂プロジェクト2015」として 、アニメ第1期総集編の劇場上映 や舞台化などが行われている
背番号は5 部や部員のことを第一に考えているため信頼は厚く上記の大黒柱としての一面から大人びて見られるが、クラスメートと購買部のパンを争った弾みで非常ベルを鳴らしてしまい先生に怒られるなど年相応のやんちゃさも持つ
その他、セッターとしての能力以外にもスパイクやレシーブ、ブロックなど攻守に渡って非常に優秀なオールラウンダーである インターハイ予選で対戦して以降、日向をと認めており、二口の日向に対する批評には表情を歪めた
田中と同様に勉強は苦手 低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なるとバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた
21