ゲムカモフ。 私的環境機体コスト200〜250(バトオペ2)

また、アンカーレッグをたたむことにより巡航形態への変形を可能とし、計画時の想定では高機動MAに匹敵するほどの機動性、運動性を発揮する予定であった。

に採用された熱核ジェットエンジンを採用しており、背部の大型熱核ホバーユニットは地面にまで達し、熱核ホバーユニットを搭載した両脚とあわせ、ほとんど極太の三脚に近い形状になっている。

[ ] 劇中での活躍 『SDガンダム GGENERATION GATHER BEAT』では最終ボスとして登場。

ある意味にせガンダム。

劇中での活躍 連邦軍バックランド基地を占拠した反連邦組織の切り札として登場。

うまく仲間にしたつもりが勝手に5人組チームを結成し仲間はずれに…。

が衰退の一途を辿るは、敵のを欺くだけの、このようなに頼らざるを得ないほど追いつめられていたのである。

流石に味方を撃つわけにはいかないので、味方にコイツがいると神経質にもなるが、幸いにも このゲームでは 味方の誤射で撃墜されることはない。

98
開発経緯はと同じだが、大口径キャノンとミサイルポッド、マシンガンで武装しており、非常に強大な火力を持ち、装甲もある程度厚いが、冷却システムに問題があり長時間の運用ができない 基となったのはなどの製の機体と思われるが、改装によってその形状は原形を留めない程変えられている
スロットが決して多くないため、あまりカスタムで差別するのは難しい IFF(敵味方識別信号)まで偽装した、立派な戦時国際法違反の機体でもある
- 名無しさん 2016-09-15 14:49:11• 疲弊した国力でも生産できるよう、複数の企業のプロジェクトを統合しつつ従来の生産ラインを活用する事が求められ 、基幹ユニットにはザク向けに開発されたパーツを使用する設計となり、正規の手続きを踏まぬまま、なし崩し的に制式化され量産に入った あと、ゲムカモフをここまでスルーしてしまっていたのは、私の主戦場が 薄暗い宇宙だというのも大きく影響していることだろう
Lv2 1~6 回避行動後の最大継続時間を、1. そう、あの 初心者キラー、ゲムカモフには何度となく痛い目に合あわされたものだ デザイン原案は片貝文洋で 、決定稿はによって描かれている
なおもリリアは制御ユニットであるケンプファーを分離しの仇であるに迫るが、気化弾頭は宇宙空間では効力を発揮せずに終わった この属性が決められていることによって、できることがガッチリと固定されてるわけじゃなく、あくまでダメージの関係で強弱が付いている
ちなみにこのには形式番号が与えられていない 飛行状態の歩兵も捕捉可能
作中では、でありながら側についた義勇軍、エンマ・らによって運用される また、この機体のは、 地球連邦軍から亡命した義勇兵によって構成されており、捨て駒的な扱いを受けている
冒頭、ゲム・カモフとゲゲナー・ゲムはから発進してきた級に接近 ダウン属性を持っているため、味方機複数が囲った高HP敵機や、味方支援機近くの敵格闘機などは基本的に撃つべきでない
20