炎炎 アイリス。 【炎炎ノ消防隊】200話ネタバレ!アイリスの正体は一柱目のドッペルゲンガー?

あの火事で生き残ったのは義姉の火華(ひばな)と自分だけで、自分が生き残ったのは奇跡だと火華は信じていたが、自分の力が弱すぎて第三世代とわからなかっただけみたいだとアイリス すごく不安だったアイリスは、まず昨日のシンラに相談しました
今はかろうじて火の玉のような炎が出せている状態ですが、果たしてこれはどんな能力なのでしょうか その後は、物心ついた時から伝道者一派という訳なので、 冷酷な性格に育ち、 その実力も凄腕となります
インカの時と同様に、「六柱目」ナタクを狙う「 白装束」、それを保護しようとする「 第8」との戦闘が予想されていました プリンセス火華(発生させた熱を操作し熱失神を起こす) 身体能力を強化するタイプ• アイリスは幼い頃の教会の火事のことを話します
しかし、結果はというと誰1人として 無傷だったのです あの日、「シスターは第8にとって向日葵のような存在」だと元気づけたシンラに、 大久保篤「炎炎ノ消防隊」219話より引用 アイリスは「今度また悩みがあったら一番にシンラさんに相談しますね!」と言っていました
ドラゴンのブレスを無傷で防げるのはアドラバーストを持つものしかできなさそうです もちろんシンラがまず初めに言うべきこと、それは謝罪の言葉です
76