神奈川 県 異臭 騒ぎ 地震。 三浦半島の異臭騒ぎは南海トラフ地震の前兆って本当?電磁波の乱れはあるのか?

カバンの中に水やモバイルバッテリーを入れておくなど、備えをしっかりと。

また、今年はコロナ禍真っ只中ということもあり、 10月に入ってからは や と コロナの話題も尽きません。

ただ、原因が分かっても、 いつどこで巨大地震が襲ってくるかは予測不能。

「午後5~6時頃に両日とも臭いがしました。

これまでは異臭の通報があった後に消防が駆け付けても、既に現場では異臭が消えてしまっていることが多かった。

冬になって通報はなくなったが、また3月から通報が30回以上とぶり返した。

また、硫化水素系の臭いでガスとは違うものだったようだ。

絡み合うプレート 相模湾付近には、北米プレートとフィリピン海プレートが接する相模トラフがあり、そのトラフは東西で太平洋プレートとユーラシアプレートに繋がっています。

個人が勝手に燃料として利用はできない。

それは去年から感じており、その時期には仕事もキャンセルして休もうと思っている。

1
また、前のブログ記事「」でも紹介したが、タンカーが航行していない時にも異臭がするなど、タンカーでは説明がつかない時もあるほか、異臭は三浦半島内陸部の広域に渡っているため、製油所や工場が原因でもなさそうだ 異臭騒ぎは首都直下地震の前兆か?原因は? 立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は、 巨大地震の前兆かもしれない指摘しています
また、歴史的を振り返ると「明治三陸地震(1896年)と明治東京地震(1894年)」や、「昭和三陸地震(1933年)と関東大震災(1923年)」のように、東日本大震災と関東地震は比較的近い時期に連続して起こっている 昨年からの通算では17回目とか
原因2 地下の岩盤が破壊された匂い 匂いと大地震の因果関係を探っている学者が唱えている説で 「1970年代に大阪市立大学の研究チームが岩石に人工的な圧力をかけて破壊する実験を行なった際、こげくさいような独特の匂いが発生することが確認されており、現在では地震発生前や斜面崩壊前に確認される現象として知られています 『異臭騒ぎが地震前兆はデマ!』との主張も 立命館大学教授が語っているうえに、資料もある、さらには今回の異臭騒ぎと相関関係もありそうとなると、 一見信憑性が高い感じがしますが、 実はこれはデマ!との情報も!こちらも実際にみて見ると、 ここで注意すべきことは、まずこの資料は、 「大震 後 」という資料名からも分かるように、関東大震災が発生した 後 に、地震による地殻変動を調査するために出した測量船による観測であるということです
だが、危険なのは5月とか それが大地震説の根拠のようですが、専門家に言わせれば、その場合ピンポイントではなく、ガスはもっと広範囲に広がるはずだとか
もし地震が発生した場合、p波があったのか、なかったのか、これがポイントになると思います 地震の前に地面が圧力で高温になると、地面が磁力を失ってしまうのです
そもそも三浦半島の地下にガス田は存在しない 市役所も 「工場での事故などが起きたという報告はない」 と説明し、噂が噂を呼んでいる状態です
青潮とは 富栄養化などにより大量発生したプランクトンの死骸などが、海底に沈殿してバクテリアによって分解される際、海水中の酸素が大量に消費されて貧酸素状態となることで発生した硫化水素が、風や流れの変化で海面近くに上昇すると硫黄や硫黄酸化物に変化するため海水が乳白色や乳青色に見える現象です 【速報】「ガスのような異臭」 横浜・山下公園付近で通報相次ぐ 11日午前9時半ごろ、横浜市中区山下町や元町の住民から「ガスの臭気がする」などの通報が相次いだ
49