広島 時短 営業。 広島県への緊急事態宣言が延長されました

ショッピングモールのフードコートで飲食店を営業しているため、自社専用の飲食スペースはないが共同で飲食スペースを有している。
なお、新型コロナウイルスを取り巻く状況は、刻一刻と変化している。 営業時間の短縮要請対象地域のエリア線引きについて教えてください。 広島県庁=東久保逸夫撮影 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないとして、広島県の湯崎英彦知事は29日、広島市中心部で酒類を提供する飲食店に対する営業時間の短縮要請を、2021年1月17日まで延長すると発表した。 どうすればいいですか? 直近(令和2年11月又は12月)の日々の売上が分かる帳簿の写し及び任意用紙に理由を記載したものをご提出ください。 次の支給要件を満たすこと。 〇本通店:平日及び土日11:30~20:00 〇堀川店:平日及び土日11:00~20:00 〇流川店:休業 〇胡通店:休業 《系列店》 〇焼肉ホルモン酒場 大嵐:平日17:00~20:00 土日16:00~20:00• 19時以降から5時までの間に酒類の提供を伴う営業をしている店舗について、5時から20時までの間の営業とし、酒類の提供は19時までに短縮した飲食店 1店舗当たり72万円• 第1期と同様• この難局を乗り越えていくためには,すべての事業者様に,ご協力をいただいて,皆様とともに一体となって感染拡大を防ぐことが大切です。 誓約書• 当初は3日を期限としており、2週間の延長になる。 平素は焼肉白李グループをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。 下回る時期は、過去のデータを基に、県全体は6月下旬、広島市は7月上旬と予測している。
62
その他、HPやSNS等での案内の写しでも可能です 喫茶店は、酒類の提供をしていないので対象になりません
対象になりますか? 屋内で、共同スペース部分に座って食事ができるテーブルとイスが常設してあれば対象になります 営業は午後8時まで(酒類提供は午後7時まで)とし、期間を通して応じると協力金72万円(休業には82万円)を店側に支払う
営業時間関連 通常18時~24時まで営業していますが、15時~20時に変更する場合(酒類の提供は19時まで)支給(時間短縮)の対象となりますか? 対象となります 2期は対象
【第2期】申請受付は終了しました 事業者には引き続き、出勤者の7割減を目標にしてもらう
期間の全日で、休業または営業時間や酒類の提供時間の短縮にご協力をいただいた場合のみ対象となります 令和3年5月28日に、国において緊急事態宣言が6月20日までに延長されたことを受け、広島県は6月20日までを緊急事態措置期間としました
対象者の事業規模は問われますか(大企業はダメですか)? 事業規模は問いません 5 「広島積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」について 感染症に関する対策を実施することについて、広島県に以下の登録を行うことが対象要件となっています
各登録については、 庄原商工会議所・備北商工会・東城町商工会で支援をしています 県は、直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)で4・0人とする独自の警戒基準値を安定的に下回るまで抑え込めば、再拡大を避けられると分析している
5時から20時までの間に営業時間を短縮した飲食店 (酒類を提供している場合は、酒類の提供を11時から19時までに短縮) 1店舗当たり84万円• 庄原市役所商工観光課または各支所産業建設係 東城支所は産業振興係 でも支援いたします 店内での飲食が時短の要請内容を順守されている場合、20時以降にテイクアウトやデリバリーによる営業を行っても問題ありません
他の持続化給付金などをもらってきたが、また今回との併用もできますか? 併用可能です 令和2年3月以前の営業時間が分かる書類を提出してください
67