無名草子 現代語訳 紫式部。 * 無名草子 紫式部

係助詞「や」を受けて連体形となっている。

7 【L1】「かかるもの」の指示内容は。

」 無名草子「清少納言」の現代語訳 「一般に、あまりにも行き過ぎてしまった人が、そのまま 平穏 でいらっしゃる例は、めったにないことであるようだ。

作者からの敬意。

6 【訳】 ・(上東門院は)紫式部をお呼びになって、『何を差し上げたらよいだろうか。

新斎院の御禊見物中、六条御息所と葵上との車の争い 源氏物語の現代語訳 源氏物語 車争い -文中に出てくる 「笹の隈にだ そして最も新しい現代語訳が、昨年9月に上巻が出た角田光代『源氏物語』である。

「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である大斎院(=選子)を敬っている。

68
〈帚木・空蝉〉 同じ頃、源氏は 乳母 ( めのと )が病臥する五条の邸を訪れた折、隣家の垣根に咲く夕顔の花を所望したことが機縁となって、その家に住む女(夕顔)と結ばれることになった ロベール仏和大辞典 0• 」 と言ふ人侍れば、また、 と言う人がいますと、一方で、 「いまだ宮仕へもせで、里に侍りける折、かかるもの作り出 いでたりけるによりて、召し出でられて、それゆゑ紫式部といふ名は付けたり、とも申すは、いづれかまことにて侍らむ
「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断 係助詞「こそ」を受けて已然形となっている
・「いと思はず~引かぬさまなりけり」 8.君の御ありさまなどをば、いみじくめでたく思ひ聞こえながら、つゆばかりもかけか けしく馴らし顔に聞こえ出でぬほども、いみじく 作者からの敬意
やがて葵の上は男児(夕霧)を出産するが、容態が急変して命を落としてしまった 言葉の受け手(聞き手)である上東門院(=彰子)を敬っている
めでたく=ク活用の形容詞「めでたし」の連用形、みごとだ、すばらしい 紫式部からの敬意
モノガタリという語が、書かれた作品にのみ限られるのではなく、親しい者同士の心ゆるした歓談、家庭内のとりとめない雑談や世間話、昔話など、あるいは男女の 閨 ( ねや )の 睦言 ( むつごと )、さては乳幼児の意味をなさぬ発声などをもいうことが諸書によって知られるが、表向きの用談、事務的な談合などについてはモノガタリの語の用いられないことからしても、物語文学のいかなる位相のものであるかがおのずから明らかであろう 召し上がる、お食べになる
』とおっしゃったのを(紫式部は)お引き受けして、 『源氏』を作り たり ける こそ、 いみじく めでたく 侍れ 新しく作りて参らせ給へかし
20