低圧 持続 吸引 器。 低圧唾液吸引(メラチューブ)について

通常2週間で交換のところ、ひよこ豆さんは 1週間で交換しています。

排液バッグの吸引ポート(青)から滅菌蒸留水(24mL)をウォーターシール注入線まで注水した後、バッグを本品のバッグハンガーに取り付ける。

肺はよく風船と表現されるように、弾力のある臓器です。

1 手術時の挿入・留置 手術時は、胸腔内のドレーンの位置を観察しながら挿入できる。

こんばんは。

30

操作パネルが 1 秒間全点灯後、スタンバイ状態になります。

痰が粘っこい時は1週間の交換でも長く感じてしまうほど管が狭くなるので、ネブライザーで 薬のほかに生理食塩水を気化して吸入して痰を柔らかくして吸引を何度も繰り返して空洞を確保しています。

胸水が多量に貯留した場合には装置を交換する必要があるが、交換の際は必ずトロッカーカテーテルを鉗子などでクランプしておき、空気が流入しないように注意する。

「(介護に当たっている家族を)せめて朝までゆっくり寝かせてあげたい」 山本さんのその思いやりが、自動吸引システム開発のきっかけとなりました。

また接続部位の消毒を前後にわたり入念に行う。

もしもドレーンの閉塞ならびに出血の持続が疑われる場合には、胸部X線撮影を行い診断する必要がある。

52