日 豊 本線 時刻 表。 豊幌駅 時刻表|函館本線|ジョルダン

(大正9年):広瀬駅 - 高鍋駅間が延伸開業 1914年(大正3年)• 220• 520• 2009年10月1日からは日中の813系使用列車でワンマン運転が開始されている
重岡駅が開業 220• 150• 男澤紀和、本田敬博、武村純一「九州地区の被災状況について」『鉄道と電気技術』第29巻第9号、一般社団法人 日本鉄道電気技術協会、2018年9月、 8-13頁、 2018年11月2日閲覧
快速の輸送人員353人は、811系4両と813系3両の合計座席数(348席)とほぼ同じであり、普通と比較すると混雑率の差が顕著である 150• 西大分駅:大分交通別大線…西大分電停 - 1972年4月5日廃止• :佐伯駅 - 神原駅間が延伸開業
日向住吉駅:• 180• 150• 787系: - 間、宮崎駅 - 南宮崎駅間(宮崎空港線直通列車)で運用 注意 以下の運賃表は 令和元年 2019年 10月からの消費税率引上げにともなう改正後の運賃を表示しています
150• 6月1日:小倉駅起点49. これにより、宮崎県西部からの新幹線アクセス特急としての役割も担うようになった :行事駅が廃止
150• 420 高師駅|たかしえき• 他は在来線特急列車の普通車指定席及び自由席に乗車できますが、北九州市内から佐賀間については、普通車自由席に限り乗車できます :都城駅 - 三股駅間が延伸開業
220• 、延岡-宮崎の高速バス便についてはJR九州バスも参入している 最高速度:• (平成8年) - 発足に伴い、市棚駅 - 佐土原駅間がからに移管
小倉駅 - 行橋駅間はの定めるの「福岡近郊区間」に含まれている 8月9日:仏崎信号場 - 西大分駅間が複線化
共に4両編成のみ用いられる - 、2012年9月20日• 小倉駅 - 佐土原駅間 326. :ダイヤ改正を実施
1987年(昭和62年)4月1日: 国鉄分割民営化にともない九州旅客鉄道が小倉駅 - 大分駅 - 鹿児島駅間、日本貨物鉄道が小波瀬駅 - 苅田港駅間および日向市駅 - 細島駅間を第一種鉄道事業者として継承、日本貨物鉄道が小倉駅 - 日向市駅間の第二種鉄道事業者となる 延岡駅: - 2005年9月6日休止、2007年9月6日廃止• 9月21日:西大分駅 - 大分駅間が複線化
7
200• 280• :葛原信号場が廃止 5月1日:北川駅が開業
5往復(下り2本・上り1本)まで減少した :宮崎駅 - 川口駅間の貨物線が開業
390• 小倉駅 - 鹿児島駅間 462. JR九州:中津駅 - 宗太郎駅間• 停車駅• で編成されたが、北九州貨物ターミナル駅 - 間に1往復、北九州貨物ターミナル駅 - 南延岡駅間に1往復運行されている 有効な「青春18きっぷ」を携行している人のみ利用できます
:大在駅が開業 1932年(昭和7年):線路名称制定により小倉駅 - 都城駅 - 隼人駅 - 鹿児島駅間が 日豊本線になる
8月:土々呂海水浴場仮乗降場が開業(廃止時期不詳、同年中) (昭和52年)• :築城駅 - 椎田駅間が複線化
1923年(大正12年):都城駅 - 西都城駅 - 末吉駅間が志布志線として開業 上岡駅・直見駅・神原駅が開業
また、2009年10月1日より佐伯駅 - 延岡駅間でもワンマン運転が開始され、この区間で使用するキハ220形送り込みのため、大分駅 - 佐伯駅間の普通列車のうち2往復が気動車での単行運用に変更されたが、2018年3月17日ダイヤ改正でキハ220形での運行を終了した 北俣駅・大隅大川原駅が開業
吉富駅 - 中津駅間でを渡り大分県中津市へと入り、に着く 140• 450• 歴史 [ ] 概略 [ ] 小倉駅 - 重岡駅間は、初代および初代の手で開業した小倉駅 - 行橋駅 - 長洲駅(現在の柳ケ浦駅)間を国有化後に延伸したものである