エーデル ガルト 声優。 FE風花雪月 海外版オリジナルトレイラー『ようこそ青獅子学級へ』の海外の反応

戦争編ではスカウトしていない場合、マヌエラ同様に王国ルートの外伝で敵として登場する。 魔力もそこそこ以上に伸びる。 ディミトリ、フェリクス、シルヴァン、グレンとは幼馴染。 最初から気づいてね、そういうのは。 敵対する帝国ルートでは、フェルディアの戦いに参戦する。 その後、帝国を離れ士官学校の教師となった。 フォドラ西部の貧民街の生まれ。 攻撃と回復の両方を扱える。 実は彼女の紋章は、魔獣化したことで歴史から抹消された英雄モーリスが宿していた紋章であり、「獣の紋章」として忌み嫌われるものだったため周囲の詮索、および周囲に不幸をもたらすものとして周囲との接触を避けていたことが外伝で判明する。
63
また、疾風迅雷とも重複するので 単独3回行動も可能 先代国王 ランベールの先代のファーガス神聖王国国王であり、彼とリュファスの父で、ディミトリの父方の祖父
同胞のセテスやフレンと違い竜化の力がまだ残っており、真の姿は「白きもの」という白い竜である 必殺 黒鷲重斧隊・帝国重戦士団が最終的に有力候補となります
士官学校編ではマイクラン率いる盗賊団の騒動で、士官学校を訪れる 技と速さに優れる
HPストック 魔獣のアイコンに付随する赤い三角錐 眼光鋭く含みのある口調と笑い方から油断ならない雰囲気だが、平時は彼なりに級友たちを気遣っている場面も多い
1週で生徒を教育できる人数を示す「教育行動力」のほか、散策での行動力、出撃での行動力がそれぞれ存在する 「珍しい」を選択 [レア] それだけ特別なことなのです
前作のツバキと個人スキルが同じなのにこの違いは一体… 戦争編では後ろにほどいた髪型になって目のくまが消え、大人しくも芯の強い性格になっている
ふと背後に人の気配を感じ、振り向いた若き女帝の目に映るのは、長い眠りから目覚め、 約束を果たし彼女の元に帰還した師の姿であった エピローグでは、彼女自身はアドラステア皇帝として改革に着手するというのは確定事項であるため、ペアエンドの相手がその影響を受けエーデルガルトの治世にどんな形で貢献したのかが書かれることになる
生真面目で厳格ではあるが面倒見はよく、生徒に応じて的確な助言をする 問題児個性豊かな学生が多い黒鷲の学級をまとめる、冷静で勉強に熱心な委員長タイプな性格
煤闇の章では炎帝に雇われる前の賊としての姿が描かれ、アルファルドを誘拐するものの、主人公らの活躍で失敗する 紋章を持っていなかったため、ヴァジュラに取り込まれ魔物化し、倒され死亡した
専用武器も斧なのでばっちり噛み合う で「」と褒めてあげると、「一晩かけて考えたの」と嬉しそうにし好感度
3
レアを捜索中、大修道院に戻ってきた主人公と再会すると、旧「黒鷲の学級」の生徒やセイロス騎士団と共に主人公の炎の紋章を旗印とした「新生軍」を結成 他の四聖人(マクイル、インデッハ)を「おじさま」と呼ぶ
食堂では、仲間と食事会を開き支援度を上げたり、任意のひとりと調理し、仲間全員のステータスを一時的に上げることができる メトジェイ 声 - 炎帝の部下
褐色肌で、少々巻き舌気味の口調で話す と、一連の件を挙げればの …といってもそのキャラも好感度が低いと… な印象を受けがちだが、同級生の素行を 頭から注意するのは序の口として、家臣に 容赦ない沙汰を下したり 相手が奸臣なので自業自得ではあるが 、特定の相手 後述 に対して を抱いたりする 後述の事件のきっかけ 等意外にも激しい面もあり、カスパルからは「何でも自分を基準に考える」、リンハルトからは「下にいる者の気持ちを考えていない」と指摘されている
イーハ大公 この時は正直『なんだこの仮面の怪しい奴は、今後出てくる敵だな』と思っていたのですが、炎帝の正体がエーデルガルトと判明した後、もう一度イベントを見直してみました
陽気で気さくな性格 また、基本的にこれらに頼りっきりなので見切り・追撃効果と大ダメージを受ける重装特効には気をつけたい
46