ラスト ティーダ イン。 A Weekend in New York / ウィークエンド・イン・ニューヨーク

急激に身長が伸びている。 キューソネコカミやきぐるみ士、サイキッカーのような救済システムがある点も見逃せません。 戦士のドレスフィア装備時に至っては剣の構え方やモーションが完全にティーダと同じ。 これは ティーダとユウナがルカで交わした約束の再現になっています。 ティーダのことは今でもずっと想い続けている。 他の2人と比べると、シューインに乗っ取られた経験がなく、また政治面での権力者ではないということもあり影がうすく浮き気味。 18歳。 第44話にて襲撃して来た鮫木ホジロウからを救わんとする精神 加えて亡き祖父から真のヒーローが何なのか? シューイン 1000年前のザナルカンドでレンの恋人だった青年。
19

こんな酷い仕打ちを受けるのはティーダくらいのものだ。

情報解析担当でカモメ団のナンバー2にあたる存在。

敗北後はユウナのドレスフィアから独立したレンの想いと寄り添い合いながら消滅した。

新エボン党である元ガードのバルテロとはすれ違いの日々が続いているが、内心では彼のことを心配している。

スピラ全体の視点で見ると、FF10-2はシューインと元アカギ隊によるヴェグナガンを巡る攻防がメインの物語です。

眠る想い. その後ユウナレスカによって真実を知らされると、自分の父親が何故シンになってしまったのかを知ってしまう。

トレマが提唱したこの運動を 真実運動という。

その内容は、幼いユウナが周りの心配を他所にシパーフの上から何度も飛び降りて遊んでいた、というもの。

87