簡単 に クリア され たら 悔しい じゃ ない です か。 ゲーム界3大名言「簡単にクリアされたら悔しいじゃないですか」「固定を組む努力を怠っている」

そして何より、 制作側や運営が(ゲーム内容に関係するか否かに関わらず)不適切な発言やプレイヤー達の癪に触る発言をすれば、すぐに時代になってしまったのだ。 レベリング自体は苦ではないものの、 入手方法や数が限られるアイテムを要求され、そのために課金や運ゲーが必要になるといったパターンも。 なお、この言葉の発祥について間で伝言が繰り返された結果、この言葉がそれらのの開発者の発言であると伝えられている場合もあるが、氏が以降で携わったはのみである為、以外の他の関係者をしながらこの言葉をして「あのの所為でこののがおかしくなった」とするのは全に 誤りである。 初めてセガに入った時に担当したソフトは「ワールドアドバンスド大戦略」。 今回は久しぶりに出張ってこなかったけど。 (のを受けが作成した)• コンプティークかその関連雑誌のインタビューでいつだったかイベの総括聞かれて 「思ったより突破率高いですね」的な事を実際に言っちゃってるから、発言元は違うにしても大意で同様の思想を持っていることは言い逃れ不可能だろう 14夏だったかな 思い出してみますと ・初の札制限、逃れる方法無し問答無用、支援すら出禁の最凶仕様 ・使用艦数激増の元凶の連合艦隊実装 今となっては検証不可能になっていますが、その当時はやらないだろうと言われていた特定艦ルート固定が実はあったのではないかという推測すらある それが進んで今となっては当たり前、特定艦特効まで。 2021-05-30 18:00:00• 「 簡単にクリアされたら悔しいじゃないですか」とは、『』でを務めた信昭のである。 その後、はな方向に路線変更、アのような理不尽すぎる状況はそうそうなくなった(全になくなったわけではない)。 (化による先細り問題の代表)• もちろんその中には大和もあり、嬉々としてそのモデリングを行ったものでした。
59
プレイヤー間でコースの作成・共有が可能な『』では、クリア率が極端に低いが氾濫した反省から、 公式自ら「見かけでは見破れない満載」「そこら中敵とトラップだらけで目の処理が追い付かない」等の 理不尽な高難度コースを作るのは控えるように呼びかけたほどである。 かつてマートに言われた言葉「 」を実行に移し、を去った者も少なくないという。 『』のロンダルキアへの洞窟、『』『』『』『』等、この時代には・問わず一手間違えただけで・したり、プレイヤーの腕だけでは阻止しようがない即死トラップ(の集団が有名だろう)があったり、技術的制約やUIの不備等が原因でそもそも攻略法が作中に明示されていないなど、 最悪かねない理不尽で難解なゲームには枚挙に暇がなかった。 第二次大戦を題材にしたシミュレーションゲームでした。 艦これってこういうゲームだったっけ。 2021-05-29 17:00:00 人気の記事• そうしたゲームのデータが変更された事に気付けるという事は、プレイヤー側が不正な手段を用いて分析を行っている事が考えられ、 逆にに問われる可能性があるという事は頭に入れておいてほしい。 酒井自身が、初めて大和に触れたのは「宇宙戦艦」の方だったかと思います。 無論、 複数の問題を同時に抱えている場合も少なからず存在する。
50
その結果、クリアは 前提条件でむしろ周回の時短・効率化が是とされるようになり、簡単にクリアさせない事を目的にした高難度・理不尽な志向のゲーム設計そのものが忌み嫌われるようになってしまっている。 そのような行為に走らせないゲームを作る事もまた、クリエイターの手腕であると言える。 もちろん、普段から不具合を頻発して等の管理自体が疑われる場合は別問題である。 2021-05-31 12:03:47• 2021-05-31 12:03:33• (同じく化による先細りの兆しが見える)• 本題から外れてそのためだけの作業をする必要が生じ、「苦行」と捉えられやすい。 しかし、技術の進歩で制約が解消され、家庭用ゲームに関するノウハウが蓄積され、ゲーマーの趣向も変化している現在、そのような理不尽すぎる難易度やUIの不備・調整ミスは到底受け入れられるものではなくなってきたのである。 他にも… ネット介在のゲームにおける重要なタイミングでの通信エラー オンラインサーバーに繋ぐゲームにおいて通信エラーが発生した場合、 それまでの行動と得られた成果は全て無かった事になる(ロールバック)という処理が一般的である。 更新された記事• 一方でプレイヤー心理として「簡単にクリアしたい」「サクサク進めたい」という感情が現れるのもまた事実であり、あまりに放置しておくと、、その他不正な手段を用いた内部データへのアクセス・解析・改造が横行しかねない。 この手で最も問題視されがちな要素である一方、不完全な状態でもストーリークリアは可能で、あくまで「」と呼ばれる層に向けたエンドコンテンツとして意図的にそのような仕様で実装されている場合もある。 皆さんをワクワクさせる夢の対決を実現するべく、自分のこれまで得た知識を総動員して、「幻創戦艦・大和」のモデルについては監修いたしました。
62