島津亜矢 紅白。 島津亜矢、3歳で母親から「厳しい英才教育」紅白初出場の秘話も明かす(MusicVoice)

2
これは、日本の宝といえますね。 ただ、その経験を通じて「不思議と覚えられるようになるんですよ」という島津。 5歳の時、家族と一緒に「家族そろって歌合戦」に出場した時は、審査員の高木東六が、「この子は末恐ろしい」と驚嘆したというのは有名な話です。 幼い頃から、「演歌の申し子」といわれるくらい抜群の歌唱力を持っていた島津亜矢は、14歳の時に、親元を離れて上京。 だったじゃないですか」道重さゆみさんの言葉どおり、5回出場できなかっただけで、世間は冷たい。 まず、島津亜矢さんは、2001年第52回紅白歌合戦、『感謝状~母へのメッセージ~』で初出場。 秋のサプライズ祭り」(TBS系列)では、SPEEDの「White Love」、安室奈美恵(41)の「Don't wanna cry」を披露し、11月6日の「うたコン」(NHK総合)ではMISIA(40)の「Everything」を歌って見せた。
84 80