桔梗 の 家紋。 明智光秀の家紋~桔梗紋の由来と水色桔梗~

平安時代末期~鎌倉時代初期にかけての武将で源頼朝(みなもと の よりとも)の御家人・土岐光衡 とき みつひら が、戦で 水色の桔梗の花を兜の前立にさして戦い、大勝利を治めたことが、桔梗紋の由来であると云われており、そこから清和源氏に広がったそうです 桔梗の花といえばこの色だが、白い花もある
モチーフとなっている葵は、もともと京都の加茂神社の神紋として使われていたもので、加茂氏と武家たちが強いつながりを持ったことに共鳴し、松平氏も葵紋を家紋とするようになったのが、徳川紋の由来です 明智光秀の「三日天下」 明智光秀も桔梗紋を背負っていました
これは、上皇の車と出会った頼遠が、本来下馬すべきところを降りようともせず、それを上皇の召次にとがめられると、頼遠はせせら笑い、家来にいいつけて上皇の車にさんざんに矢を射かけたというものだ そして、織田信長との戦である長篠の戦いが起きて、武士としての武田家滅亡へ繋がります
結果、家康が勝ち三成は処刑 しかし、織田信長が倒された本能寺の変で本能寺を取り囲んだ桔梗は水色だったとする記録が残されています
「梅紋」 画像出典:WEB家紋帳 梅紋のモチーフとなっている梅は、中国においては菊や竹、蘭などと並んで4君子の一つとしてあがめられていたモチーフでもあります 家紋は桔梗紋(裏紋)
【「家紋と家系」事典 名前からわかる自分の歴史 丹羽基二 講談社】 ・ 頼光流の代表家紋 文様・文字・図符紋• 坂本龍馬其人の来歴を尋るに其祖先は明智左馬之助光俊が一類にして江州坂本落城の砌り遁れて姓を坂本と改め一旦美濃国関ヶ原の辺にありしが其後故ありて土佐国に下り遂に移住て郷士となり今も家の紋処は桔梗を用ゆる… しかしこの説は現在ではほぼ否定されています
本能寺の変が起きたのは、今でいう6月2日 加藤清正 [ ] に仕えて後世に名を残すは「紋」と「桔梗紋」を併用している
植物紋• 器材・建造紋• 白黒の家紋を使用する大名の多かった当時、水色は非常に珍しく目立ったため、あの 織田信長も羨ましがった なんてエピソードもあります 坂本龍馬 坂本龍馬も「組合い角に桔梗」という桔梗紋の庶流でした
86

器材・建造紋• 竜胆紋は、竜胆の葉と花をどちらも使うのが一般的で、葉の上にいくつかの花弁が乗っているデザインはとても人気があります。

福島家。

中陰八重裏桔梗(ちゅうかげやえうらききょう) 変形を加えたもの• 植物紋• スポンサードリンク 詳しくはこの記事をチェック!• 文様・文字・図符紋. キキョウの花 土岐 とき 氏や土岐氏の庶流とされる明智氏が使用したことでも有名な家紋です。

「巴紋」 画像出典:WEB家紋帳 弓矢の神様を祭ると言われている巴(ともえ)をモチーフにしたのが、巴紋です。

動物紋• 植物紋• 巴とは、もともと弓をひくときに左腕の肘に巻き付けておく武具の一つで、武将にとっては戦の際になくてはならない必需品です。

69

頼光流では太田氏、遠山氏、池田氏、、、、高田氏、脇坂氏、福島氏、三沢氏、菅沼氏ら諸氏、義家流では松平氏、花井氏、榊原氏、小紫氏などがある。

その4.仏壇や神棚 仏壇や神棚などに家紋が描かれていないか確認してみましょう。

松紋の多くは、威厳のある姿をデザインしたものが多く、樹木全体を紋として表現したものが一般的です。

しかし、残念ながらこの噂は信憑性が低いとされています。

新しい世のために尽力した龍馬ですが、志半ばで暗殺され、この世を去りました。

二八額小出額:(分家流)• 「松紋」 画像出典:WEB家紋帳 日本でも松竹梅の一つとして知られている松は、 慶賀をつかさどるおめでたくて縁起の良い樹木の一つとして考えられています。

この時の傷により敗血症を患った大村は、治療や手術を受けたものの容態が悪化し、この世を去っています。