映画 興行収入 ランキング。 大コケした日本映画ランキングTOP15!興行収入ワースト1位の作品とは?

上記以外の出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、332頁 上記以外の出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、352頁
4億円 人気小説家・東野圭吾さんの小説の実写化作品で、舞台となるのはDNA情報のデータベース化が可能になった近未来の日本 ちなみに、2003年に公開されたビートたけしさん主演の『座頭市』は興行収入28. 生きろ
1953年 [ ] 日本配給収入ランキング 1953年邦画配給収入トップ10 (対象期間:1953年4月 - 1954年3月) 順位 題名 1 3億0002万円 2 松竹 2億5047万円 3 1億6318万円 4 1億5176万円 5 大映 1億4669万円 6 松竹 1億3990万円 7 1億3601万円 8 松竹 1億3165万円 9 新東宝 1億2642万円 10 松竹 1億2554万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、104頁 初登場5位• 中国映画史上最大となる約126億円の予算を投じて製作された超大作でしたが、興行成績が振るわず、公開からわずか3日で上映打ち切りになってしまったのだとか
『アベンジャーズ/インフィニティウォー』(2018) 公開週末興行収入:2億5769万8183ドル 北米における興行収入総額:6億7881万5482ドル 6. See• 発明家のアリの青年フリックを主人公に、自然界の厳しさや仲間で団結することの大切さを描いた本作は、ピクサー作品の隠れた名作のひとつ 高橋英樹、谷原章介、つるの剛士、石原さとみ、大地真央、水樹奈々• 興行収入• 1977年洋画配給収入トップ10 順位 題名 製作国 1 30億9000万円 2 19億9000万円 3 15億3000万円 4 12億1600万円 5 東宝東和 10億9000万円 6 10億0000万円 7 東宝東和 08億9000万円 8 07億9000万円 9 06億7400万円 10 06億0600万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、352頁
1961年 [ ] 日本配給収入ランキング 1961年邦画配給収入トップ10 (対象期間:1961年4月 - 1962年3月) 順位 題名 1 4億5010万円 2 4億3500万円 3 4億0008万円 4 東宝 3億5100万円 5 東映 3億0500万円 6 東映 3億0200万円 7 日活 3億0000万円 8 日活 2億8977万円 9 日活 2億8800万円 10 東宝 2億8499万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、180頁 ウッディが実は、プレミアものの人形であったことが判明し、アルというおもちゃ屋の主人によって盗まれてしまうところから物語が始まります
公開:2017年9月• 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義• 全国225スクリーンという公開規模を考えると大爆死ですね 34億円• どうやら前後編合わせて興行収入100億円を目標にしていたみたいですが、半分にも届かなかったみたいですね
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006) 公開週末興行収入:1億3563万4554ドル 北米における興行収入総額:4億2331万5812ドル 23. 市村正親、小林幸子、佐藤藍子、レイモンド・ジョンソン• 1998~2000年、2012~2015年公開映画は短編映画あり、 2001~2011年、2015~2019年公開映画は単独リリースとなっています 1969年洋画配給収入トップ10 (対象期間:1969年1月 - 12月) 順位 題名 製作国 1 4億4020万円 2 3億5374万円 3 (リバイバル) ユナイテッド・アーティスツ 2億6609万円 4 2億6349万円 5 2億2491万円 6 2億1000万円 7 ユナイテッド・アーティスツ 2億0454万円 8 東和 1億9000万円 9 東和 1億8500万円 10 MGM 1億7966万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、261頁
63
長女として亡き父の残した帽子屋を一人で切り盛りしてきたソフィー。 ネットで情報収集したところ、海外ロケ(スペイン)やCGに多額の資金を投じたとか。 2019年はこれまでにハリウッドが最も高収入を得た年のひとつになりそうだ。 2005年(第8作目)• 4億円 1984年 邦画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 23. 1954年 [ ] 日本配給収入ランキング 1954年邦画配給収入トップ10 (対象期間:1954年4月 - 1955年3月) 順位 題名 1 3億3015万円 2 松竹 2億9064万円 3 2億6823万円 4 2億4182万円 5 松竹 2億3287万円 6 1億6491万円 7 東宝 1億6341万円 8 東宝 1億5214万円 9 1億5017万円 10 松竹 1億4641万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、112頁。 初登場1位• 253スクリーン ドラマ版は平均視聴率52. 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017) 公開週末興行収入:2億2000万9584ドル 北米における興行収入総額:6億2018万1382ドル 『インクレディブル・ファミリー』(2018) 公開週末興行収入:1億8268万7905ドル 北米における興行収入総額:6億858万1744ドル 11. 1998年から毎年7月に1作品ずつ公開され、 国内興行収入ランキングでも常に上位にランクインしている国民的映画のポケモン映画。 comアクセスランキング」をご紹介します。
41

ポケモン映画の中でも特に泣けると話題の感動作!• ・ まとめ. 1955年 [ ] 日本配給収入ランキング 1955年邦画配給収入トップ10 (対象期間:1955年4月 - 1956年3月) 順位 題名 1 3億1305万円 2 1億8368万円 3 1億7600万円 4 1億7303万円 5 松竹 1億7228万円 6 東宝 1億6800万円 7 大映 1億5781万円 8 東宝 1億5550万円 9 1億5000万円 10 東宝 1億4800万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、120頁。

東映 05億4300万円 2の出典:『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』、2014年、280頁。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015) 公開週末興行収入:2億4796万6675ドル 北米における興行収入総額:9億3666万2225ドル 2. 『ブラックパンサー』(2018) 公開週末興行収入:2億4215万5680ドル 北米における興行収入総額:7億5万9566ドル 5. 興行収入6. 人間になりたい!ポニョは、妹たちの力を借りて父の魔法を盗み出し、再び宗介のいる人間の世界を目指す。

鹿賀丈史、浜田雅功(ダウンタウン)• 監督:三池崇史• 2018年1月19日閲覧。

本作は、カラフルな死者の国を舞台に繰り広げられる、ミュージシャンになることを夢見る少年ミゲルと、その祖先にあたる骸骨のヘクターの冒険と絆の物語です。

原作漫画の人気もあると思いますが、若い女の子たちを中心に話題となりヒットしました。

上記以外の出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、332頁。

13