ランド オブ リバティ。 JRA三浦皇成ランドオブリバティ「降板」は両陣営の思惑が一致!? MデムーロとスプリングS(G2)へ…… 弥生賞(G2)タイムトゥヘヴンと驚きの騎手スワップ

この想定外の敗戦に納得がいかなかったのは、同馬を管理する鹿戸雄一調教師。 77 94
ランドオブリバティはデビューからこれまで4戦すべて三浦皇成騎手が手綱を執っていた期待馬だ。 暗黙の了解ながら、競馬とは「勝ち馬投票されたすべての馬が全力で勝ちにいく」という大前提の下で、主催者とファンの信頼関係が成り立っている。 申し訳ないです」と悲痛のコメント。 10頭立て10番人気と最低人気でしたが、稽古に跨り本番でギベオンを見事に勝利に導いた 西村淳騎手は「追い切りの感触が良かったので、自信を持って乗りました」とコメントしており、その兆候を掴むことはできなかなかったのか……と自省することしきりです。 一気に強くなる相手関係で揉まれてどうか、という点はあるにせよ気配そのものは文句なし。 レースを重ねて段々と悪い方向に行ってしまったようです。 きっちり意識を集中させ進み、残り1Fでの手前変換もスムーズ。
34